高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2019年01月01日(火)

2019年 始まりの朝

 

こんなに夜明けの東の空を見つめ続けたのは、いつ以来だろう。

うす紫色からオレンジ色へ・・・

そろそろか。まだか。もう出るだろう。まだか。

地球の自転に思いを馳せる。

ユニバーサル映画のオープンングのような・・・

夜と昼の境界線が球体の表面を移動していく。

 

これか―

 

s-①20190101_073141.jpg

 

明けましておめでとうございます。

2019年の夜明けです。

 

ていねいに、時間を追い越さずに歩んでいけたらいいなあ~

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

s-②IMG_20190101_082913_102.jpg

(2019年1月1日 @愛媛県松山市 和気浜沖)

 

 

 

 

2018年12月28日(金)

銀輪通信  瀬戸内のハワイ~しまなみ~世界ジオパーク

 

年の瀬、いかがお過ごしでしょうか。

西日本豪雨の2018年でした。

その前後で、たくさんのことが大きく変化しました。

そして何気ない日常の重みが増しました。

 

10月、11月、12月に、長めの距離を走りました。

色々なことを考えながらペダルを回していたように感じます。

まずは「周防大島」。三津浜港からフェリーで柳井港に着き、

自走で島に入り、140キロの走行会に参加しました。

 

s-ハワイ 20181021_081632.jpg

 

ハワイと姉妹提携している周防大島。

美しい島です。

 

s-遠景 20181021_105830.jpg

 

島には海沿いの道と、山岳コースがあります。

この日は、両方一気に攻めました。

 

s-道の駅とおわ 20181021_131124.jpg

 

道の駅はとても賑わっていました。

「最近、変なことで話題になっておりますが・・・」と

イベントの主催者が開会式であいさつしておりました。

ここに見覚え、ありますよね。

 

s-大島大橋 20181021_155635.jpg

 

島を後にする前に1枚。

この8時間後―

 

大きな船がこの橋の下を通過し、

給水管を破壊していきました。

島の断水は、実に40日に及びました。

 

そして次は「サイクリングしまなみ」

横山岳アナがリポーターを。

森田記者とともに、2人で同行取材しました。

 

s-3人 20181028_073342.jpg

 

4年に1度、ここは「人力のみ」通行可になります。

 

s-橋の上 20181028_085512.jpg

 

12月。

しまなみ海道から、最も遠い場所へ。

 

s-地図 20181202_113806.jpg

 

高知県の室戸岬です。

 

s-室戸岬 20181202_114623.jpg

 

安芸市から、徳島の海陽町に向かって山越えをし、

後は海沿いを走って岬をまわって、安芸市に戻る140キロ。

 

s-太平洋 20181202_110711.jpg

 

太平洋を横目に走る自転車。

瀬戸内の多島美とは真逆、雄大な水平線が延々と続いていました。

 

2019年も、この地が穏やかでありますように。

そう祈りながら、走り納めた1日でした。

 

 

2018年11月29日(木)

銀輪通信 ~秋の興居島編~

ある晴れた秋の一日、興居島に行きました。

松山観光港からフェリーで10分。

あっという間に着きました。

 

s-20181103_113631.jpg

 

実は興居島に自転車を乗り入れるのは初めて。

実は聞くところによると、結構コースはハード。

アップダウンの連続だそうで。。。

 

時計周りに島を一周する予定でスタートです。 

 

s-20181103_114457.jpg

 

噂は本当でした。スタートして間もなく、ひょいっとこの高さまで引き上げられました(^_^;)

これは何かというと―

 

s-20181103_114519.jpg

 

「恋人峠」です。 読めますね。

「恋人岬」ではありません。

「峠」です! 

s-20181103_115433.jpg

島のウラ側に回り込むと、見えてきたのは「釣島」

有名な「釣島灯台」がある、あの釣島ですね。

 

s-20181103_120309.jpg

 

またすぐに海岸線に降ろされました。

 

s-20181103_122421.jpg

 そしてまた、この高さまで引き上げられました。

興居島、なかなかハードです。

そんなアップダウンに興じていたその時でした―

 

s-20181103_122722.jpg

道が・・・崩壊していました。

 

7月の西日本豪雨の影響でしょう。

あの日から時が止まっていました。

 

s-20181103_130723.jpg

 

来た道を戻ります。

それでも退屈しません。

こんな美しい手つかずの海岸線が目を楽しませてくれます。

 

もちろん、もれなく激坂もついていますよ。

 

 

s-20181103_133409.jpg

 

一度上りきって、最もハードなポイントをアプリで計測すると―

 

 

s-Screenshot_20181103-133242_Clinometer (1).jpg

でました! 16%超えです。

興居島、なかなか愉快な島です(^_^;)

 

s-20181103_134019.jpg

 

結局、8の字に島を回って一周無事完走しました。

向こうに見えるのが松山市街。

興居島の人たちの目線― 

なんだか新鮮ですね。

 

道が繋がった時に、またぜひ走りに参ります<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

2018年11月08日(木)

奥入瀬渓谷

長い鼻のフォルムは東北新幹線。

平日の東京駅。

出張で北へ向かいました。

 

s-20181025_095922.jpg

 (東京駅 東北新幹線ホーム)

 

行先は青森県。

系列のアナウンサーの会議出張です。

初日の総会を終えて2日目、参加者一行はバスで南下。

行先は、「十和田八幡平国立公園」へ。

 

何をしに?

 

s-20181026_092812.jpg

(青森市内からバスで奥入瀬渓谷へ)

 

答えはこちら・・・

「奥入瀬渓谷」の紅葉です!

s-20181026_094854.jpg

(奥入瀬渓谷の紅葉)

 

 

澄み切った青空のもと、

太陽光線に遊ばれながら、刻一刻と表情を変えていてく紅葉。

 

s-20181026_095547.jpg

 約14キロにも及ぶ渓流沿いの遊歩道では

せせらぎの音に癒され、マイナスイオンに包まれます。

 

ただここは青森県。

さすがに上着は1枚多めに必要です。

s-20181026_100235.jpg

(今秋、初めてコートを着る) 

 

渓流沿いの屏風岩には、いたる所に大小さまざまな滝が。

圧巻の渓谷美が広がります。

 

s-20181026_100923.jpg

(渓流沿いの滝) 

 

見ごろを迎えた奥入瀬。

辺りはプロアマ入り乱れての撮影会です。

 

ポイントはどこにでもあります。

 

s-20181026_095850.jpg

(秋の一瞬を切り取るカメラマン)

 

多くの観光客が訪れていたこの日、

人がたまっている所には、かならず滝があります。

 

こちらは「銚子大滝」。

 

s-20181026_101931.jpg

(奥入瀬渓流 銚子大滝)

 

轟々と響く滝の音。

かえって、雑音が聞こえなくなり、心は無の境地に―

究極の癒しか。

 

そして、視界は突然開けた。

s-20181026_103521.jpg

 (十和田湖)

 

旅の終わりを告げる、十和田湖。

澄み切った秋空を映し、鏡のように美しく広がる湖面に

再訪を誓う瞬間です。

 

紅葉前線は南下し、まもなく愛媛も秋本番を迎えます。

 

 (青森県 奥入瀬渓谷)

 

 

2018年07月03日(火)

ロストフの悲劇 

その目はしっかりと前を向いていました。

その表情はむしろ晴れがましくもありました。

3回目の大いなる挑戦が終わっても、

堂々と胸を張る小さな巨人が、

うなだれる仲間を背に、強烈な輝きを放っていました。

 

長友佑都選手、31歳。

 

サッカーワールドカップロシア大会

決勝トーナメント1回戦

日本はベルギーに逆転負けを喫し、

長友選手の3度目のワールドカップが幕を降ろしました。

 

ラストシーン。

 

本田のコーナーキックを

ベルギーのGKクルトワがキャッチすると

デフライネのカウンターアタックからフリーのムニエ、

そしてクロスをエースのルカクがスルーし、

最後はシャドリの左足・・・

 

この間わずか9秒あまり。

電光石火の超絶カウンター攻撃の前に、

日本、初の8強入りの夢は潰えました。

 

目安4分間の後半アディショナルタイム、

時計表示は「48分47秒」。

あと13秒やり過ごせば、15分ハーフの延長戦。

再び勝機を拾うチャンスが訪れた・・・かも。

 

 

この試合「長友選手」は攻守に躍動しました。

 

前半21分にベルギーのエース「ルカク」のシュートに

足を伸ばせば、

 

前半31分には、「香川」のヒールキックを受けると

素早く正確なクロスで「乾」のヘディングシュートを演出。

 

さらに前半42分、ベルギー「ムニエ」のクロスを

頭でクリアすれば、

前半44分、エリア左サイドから放った渾身のシュートが

大迫に当たってコースが変わり名手クルトワがキャッチミス。

あわや先制ゴールというシーンに、

ベルギーも一瞬凍りついたに違いありません。

 

後半も1点差に詰め寄られた直後の後半27分、

オーバーラップを仕掛けてムードを変えれば、

1分後のデフルイネのシュートを渾身のブロック。

 

長友選手の90分に渡る献身的なランには

3大会連続出場を果たした

世界を知るサッカー人としてのプライドと

日本人としての自覚に満ち溢れていました。

 

優勝候補を相手に、2点目が入った瞬間

日本人としての誇りを覚え、

 

同点に追いつかれた瞬間

サッカーの怖さを思い知らされ、

 

3点目を決められた瞬間

世界の広さをあらためて教えられたベルギー戦。

 

 

2018年7月3日、

日本が目の当たりにした「ロストフの悲劇」

 

 

この濃密な90分が

4年後の希望の始まりになることを信じたいと思います。

 

 

 

サッカーワールドカップロシア大会

決勝トーナメント1回戦

日本2-3ベルギー

2018年06月12日(火)

銀輪通信 ~仁淀ブルー~

全国800万人のサイクリングファンのみなさん

そしてこのページにたどり着かれたネットトラベラーのみなさん、

自転車乗ってますか?乗ってない?それはもったいない!

梅雨とはいえ、色濃い山の緑も川の碧さも

この時期はグッと深まって、空気の匂いも違いますよ。

 

そんな空気が味わえる場所を、先日、ひとっ走りしてきました。

参加したのは「仁淀ブルーライド」

「仁淀川」です。

 

s-仁淀橋上.jpg

 

「奇跡の清流」とも言われる仁淀川は

石鎚山に流れを発し、124キロもの長旅を経て太平洋へと注ぐ一級河川。

国交省の調べでは、全国の一級河川の水質ランキングでも「連年」の第1位だそうです。

 

s-20180603_095810.jpg

 

この日のコースは135キロ。

いの町~日高村~仁淀川町~越智町~佐川町~土佐市~いの町と

仁淀川沿いから山間の町を抜け、河口で太平洋を眺めて、いの町へ戻る

ダイナミックなコースです。

 

s-仁淀朝.jpg

 

早朝の仁淀川。 スタート地点は、いの町の波川公園河川敷です。

吹き流しが真横を向いてますが、そこまで風は強くありません。

軽くて丈夫な土佐和紙製ですね。

 

s-仁淀開会式.jpg

 

エントリーは300人。

背中のゼッケンには、出身県とニックネームを記入~

四国4県のほか、岡山、広島など中国地方からも大勢やってきてました。

 

s-仁淀沈下橋.jpg

 

仁淀川沿いは、基本的に平坦基調。平均速度25~30キロで、超快適です!

もちろん道中には、「沈下橋」。 幅は3メートルほど、柵のない一本道は

結構ドキドキします。

 

s-仁淀沈下橋枠.jpg

 

インスタ映え用だそうです・・・

 

s-仁淀エイド.jpg

 

エイドステーションは、イベントの成否のカギを握る?重要なポイント。

でも高知はやることが違います!

 

s-仁淀升酒.jpg

 

なんと!「酒」・・・ すごいぜ高知!?

 

s-仁淀升酒ブース.jpg

 

いえいえ実は升だけ(^_^;) 安心してください、中は「水」です。

こちらは佐川町の上町地区。かつては土佐藩筆頭家老深尾氏のお膝元で、

江戸時代を通じて城下町が発展。

今も土佐酒を代表する「司牡丹酒造」の酒蔵を中心に落ち着いた佇まいの町です。

 

s-仁淀海.jpg

 

太平洋に出ました。

少し走ると、大勢のサーファーがテイクオフしていました。

 

s-仁淀ゴール.jpg

 

そして午後3時半、無事にフィニッシュ。

仁淀川が長い時間をかけて育んできた緑と碧の深く濃い景観、

そして10万人と聞く、川のほとりで暮らす方々のおもてなしの心。

ぜひ、一度走ってみてください。

その奥深さに、間違いなく惚れますよ(^o^)/

 

s-仁淀完走証.jpg

 

土佐和紙の完走証は、地元の小学生による手書き!

どうもありがとう! また、行くよ!

 

 

 

2018年05月20日(日)

衣笠祥雄・・・鉄人のフルスイング

 

青葉、若葉の季節に...「鯉の季節」!

鯉と言えば「広島カープ」ですね。

 

 

かつては「開幕からの勢いも、鯉のぼりが泳ぐ頃になると

なぜか失速する...」という意味で使われていましたが、

時代は変わりましたね!

 

 

カープは今、鯉の季節をステップに一段と勢いが増し、

マツダスタジアムはもう連日真っ赤っかです!

 

 

 

そんな鯉の季節に届いた悲しみの一報...衣笠祥雄さんです。

 

 

現役時代の「フルスイング」に魅了された

カープファンのみならず、日本中の野球ファンが、

突然の訃報に言葉を失い、悲しみに暮れました。

 

 

そんな折、私は出張で広島を訪れた際、

「旧広島市民球場跡地」に立ち寄りました。

 

かつてのスタジアムはほぼ跡形もなく、

今ではイベント広場として利用されていますが、

その広大な敷地の一角にある「勝鯉の森」―

 

 

s-20180426_124050.jpg

 

 

そこには、衣笠さんが1987年に樹立した

連続2131試合出場の世界新記録を記念した石碑があり、

最終記録「2215試合」も刻まれています。

 

 

s-20180426_124006.jpg

 

 

この日も訃報に触れたファンが次々に訪れ、

カープの黄金期を支えた「鉄人」に思いを寄せ、

花を手向け、その死を悼んでいました。

 

 

 

その夜、市内八丁堀のバーでお酒を頂いていると、

初老のマスターが、かつてチーム関係者から聞いたという話を聞かせてくれました。

 

 

「衣笠さんは、フルスイングが代名詞になっていましたが、

  自分自身では『バッティングに力はいらない』ということは

  分かっていたようですね。

 

でもバッターボックスに入ると、

どうしてもフルスイングしてしまうんだそうです」

 

 

 

強烈な個性がひしめき合い、

そこから生まれる人間ドラマとエネルギーを

あすへの活力に昇華させていた高度成長期の日本。

 

たかが野球、されど野球―。

 

その魅力に取りつかれ、

生涯バットを力一杯握り続けた永遠の野球少年の姿は、

いつまでも私たちの記憶に刻まれています。

 

 

s-20180426_123956.jpg

(広島市中区 勝鯉の森 4月撮影)

 

 

2018年04月18日(水)

心つなぐ春の青空

 

庭の小さな桜の木に、ポッ

 

この頃、息子が小学校を卒業。

保護者を代表して謝辞を述べさせていただいた。

長女から数えて11年お世話になった小学校。

ただただ感謝するばかりの3月、

巣立ちの春はまだ肌寒い。

 

s-20180317_122008.jpg

 

 

 

甲子園球場に高校球児が春を運んでくると、

甲子園駅にはサクラ咲く。

それにしても好天続きだった甲子園。

死のロードに出向く阪神ナインと、留守を守る「虎印」

満開間近、聖地の春。

 

s-20180325_124855.jpg

(阪神甲子園駅とソメイヨシノ)

 

s-20180325_124913.jpg

(プロショップとソメイヨシノ)

 

 

松山聖陵の初戦は大会6日目。

練習グラウンド近くの公園には、吉報を待ちきれず

はちきれそうになった枝ぶりのソメイヨシノ。

思わず目に焼き付けるカメラマン。

 

s-20180327_121717.jpg

(阪神電車、甲子園駅隣りの今津駅近く)

 

 

3月28日。松山聖陵初戦の日。

大歓声に揺れる甲子園。

 

あいにくアルプスの満開はおあずけも、

夏、ここに戻ってくることを誓い合う若人とかつての若人。

 

s-20180328_143156.jpg

(松山聖陵の1塁側アルプス応援席)

 

 

 

4月、松山市。

まぶしく咲き競う堀江の桜並木。

ペダルに込める力も、思わず緩む。

 

s-20180331_124121.jpg

 

 

 

北条地区から立岩地区に向かう道すがら

ピンクと黄色と、そしていっぱいに広がるスカイブルー。

春色の競演に、ペダルも回る。

s-20180331_130951.jpg

 

 

 

そして気がつけば、いつもの坂の上。

眼下に広がる里山の向こうは斎灘。

心揺れる春に、変わらぬ景色の有難さよ

 

s-20180415_150839.jpg

 

華やかに、軽やかに、

サクラ前線は今、北日本へ―

 

 

 

 

2018年03月19日(月)

「削除しますか?」

勝利というのは

スポーツシーンのひとつの要素に過ぎず

引き分けと負けの要素を合わせてスポーツだと思います。

 

 

スポーツを見る上での楽しみ方の1つには

常勝軍団を応援しながら強さの秘密を解き明かして

その技を習熟するまでの途方もない時間の積み重ねに

感動を覚えるということがあります。

 

 

その一方で、勝利を目標にしていながら

勝てない選手たちに関心を傾け、

その理由は何か、背景にあるものはなにか、

思いを巡らしてみるというのも

スポーツを味わう上では欠かせない要素だと思います。

 

 

うまくいかない時間を簡単に解決する方法は

いくらでもあると思います。

 

 

ただ、「人がもがいている」という貴重な現象を

あっさり「削除」し、リセットしてしまうのは

スポーツの醍醐味を味わう機会を

自ら放棄してしまうことのようで

なんだかもったいない気がします。

 

 

いずれにしても、スポーツを楽しむことの始まりは

『とにかく現場で見る』 ことだと思います。

「等身大」を知ることで、未来は広がってくるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

2018年02月21日(水)

銀輪通信 ~平昌オリンピックに、ふと思う~

20代はホントに滑った。

 

学生時代は大学のスキークラブに所属し

「岩岳」にも出た。

その学生の全国大会に向けてよく練習もした。

1シーズンで60~70日は山にこもっていた。

 

得意なのは「コブ斜」。

急斜面にコブがびっしり張り付いていると

嬉しくてたまらなかったし、

コケずに下まで降りられると、達成感に酔いしれた。

 

「急パラ」も好きだ。

フラットな急斜面をスピードに乗ってターンする爽快感、

重力と遠心力と抗力と風と雪質と・・・

全ての自然条件に自分を調和させ

綺麗なターン弧を描けた時は最高だ。

 

2本の板を使って、ただ上から下におりるだけ―

 

山の上から下へ。

また上がって、下へ下へ。

 

飽きずに何本も何本も

何時間も、何日も―

 

だから平昌五輪の選手たちのことが分かるというわけではない。

むしろかつての感覚があるからこそ、

その「人間離れ具合」がよくわかる。

 

ボートでオリンピック5大会連続出場の鉄人、

武田大作さんは、かつてこう話してくれた。

 

「オリンピックは、ビックリ人間大集合ですよ」

 

20年あまり世界のトップレベルを舞台にしてきた武田さんこそ

「ビックリ人間」だと思ったが、

武田さんから見ても「オリンピック選手」は、

やはり「凄い」らしい。

もちろん冬のオリンピックも同じなのだろう。

 

 

さて、ロードバイクに乗っている私。

2011年からだから、7年目になる。

 

s-20180217_135522.jpg

(風早の地 斎灘を望み)

 

特に、坂を上る「ヒルクライム」が楽しい。

山の麓から頂をめざし、ひたすらべダルを踏みしめていく。

 

よく聞かれる。「なぜ?」

 

難しい質問だが、自分ではこう感じている。

 

「昔、山を下り過ぎたから」

 

 

人生はプラスマイナスゼロになるように

うまく出来ているような気もする。

 

 

s-IMG_20180217_154139_977.jpg

 

(輪春到来!しまなみ海道)

 

 

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年