金野純子のママキャスター通信

2019年03月19日(火)

ソメイヨシノ

IMG_1733.jpg

きのうの道後公園のソメイヨシノです

蕾がピンクに色づいていました!

 

あすは春本番の陽気になる予想だということで

サクラも一気に開花へと向かってくれそうですね(^^)

2019年03月13日(水)

ツバキカンザクラ

先週、松山市の道後公園に咲く

ツバキカンザクラの撮影に出かけました。

0308①.jpg

濃いピンク色の花がとっても綺麗です。

園内には約20本のツバキカンザクラがあるそうです。

0308②.jpg

濃いピンク色の花が、青空にとっても映えて綺麗でした。

 

実は翌日も、息子とお弁当を持って出かけてきました。

息子はもっぱら公園の遊具に夢中でしたが...

 

ほんの少し前まで、ママとの1対1の会話や遊びが中心でしたが、

いつの間にか、初対面の子供たちの輪に入って遊ぶようになっていて、

「大きくなったな~」としみじみ感じました。

 

平日は息子との時間が少なくなりがちですが、

こういう成長の1つ1つを見逃さないようにしたいなと思います。

 

ソメイヨシノの開花も待ち遠しいですね!

2019年02月05日(火)

松山城の梅

きのう、取材で松山城に行ってきました。

春の始まりとされる立春にふさわしい穏やかな晴天に恵まれ

梅の花が青空に映えてとても綺麗でした。

IMG_1536.jpg

そんなきのうは、私の衣装も澄み切った空のように爽やかなブルーでした。

IMG_1539.jpg

 

セールも落ち着いて、店には春服がたくさん並んでいますね(^^)

 

衣装をご提供いただいているフラデリさん、

いつも素敵なコーディネートをありがとうございます❤

2019年01月04日(金)

2019年

あけましておめでとうございます。

「Nスタえひめ」 午後6時15分~(月~金曜)は、本日1月4日からレギュラー放送です。

IMG_1377.jpg

日中の報道部は取材や編集作業などで出入りが激しく、自席に全員が揃うことが少ないんです。

( 残念ながら、山田アナウンサーは不在です ごめんなさい... ;_; )

 

 

昨年は、西日本豪雨で県内も甚大な被害に見舞われました。

被災地の現状やふるさと復興への想い、そして命の尊さ

 "今、何が起きているのか"を真摯に伝えること、その情報を防災・減災につなげていくことが

報道に携わるものの仕事なのだと、改めて痛感した年でした。

 

「町が今、どうなっているか伝えてほしい」

「生きていれば 良いことありますよね」

「みんな一緒だから 後ろを向いても仕方がない」

取材を受けてくださった皆さんから、様々な言葉を投げかけていただきました。

全ての言葉を胸に刻んで、2019年も真摯にニュースに取り組んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

年賀状をいただきました視聴者のみなさま、ありがとうございました。

この場で大変恐縮ではありますが、御礼申し上げます。

2018年11月15日(木)

紅葉シーズン

IMG_0906.jpg

先日、松山城へ紅葉を見に出かけました。

4歳になった息子は歩くスピードもどんどん速くなっていまして、

山道でまともに着いていこうとすると、こちらは息が切れます...

IMG_0912.JPG

余裕で黄昏る息子の後ろ姿を見ていると、日頃の運動不足を痛感せざるを得ません(^^;

そういえば、ジムに3か月くらい行っていないな...

 

元気いっぱいに育ってくれている息子、最近のブームがこちらの絵本です。

IMG_0849.jpg

絵本のテーマでもあるワードが可笑しくてたまらない時期のようです。

最近は自分で読もうとしてみたり、

描かれていること以上に想像を膨らませながらページをめくったりもしていて、

日ごとの成長の幅が、どんどん大きくなっているな~と感心します。

それが嬉しくもあり、なんだか寂しくも感じてしまいます。。

2018年10月30日(火)

愛といのちのスペシャル

ブログの更新がすっかり滞ってしまっていました。

今月27日(土)に放送されました

「愛といのちのスペシャル2018」、ご覧いただけましたでしょうか。

愛といのち(野村保育所)00000000.jpg

私はディレクターとして、野村保育所の取材を担当させていただきました。

野村保育所では被災後、定期的な避難訓練に加えて

毎月1日を防災の日に定めて、災害に関する絵本を読み聞かせたり、

自分の命を守るためにできる工夫などをイラストで学んだりする機会を増やしたそうです。

 

先生    「みんなの大好きな野村保育所はどうなったっけ?」

子供たち  「水に流されて壊れた」

 

この会話に、取材のメモを取っていた私の手は止まりました。

あまりにもストレートな言葉のやりとりに驚くとともに、

被災を乗り越えようとする子供たちの姿を見つめ続けてきたからこその

先生たちの想いが込められていることに、胸が締め付けられました。

 

災害はいつどこで起きるのかわかりません。

現に7月の豪雨の後も、台風や地震など各地で災害が相次ぎ、

大人の話を聞いたり、ニュースを見たりして、子供たちは子供たちなりに情報を得ています。

また雨が降って木々が生い茂り、川の水が透き通り、

その自然の中で魚や昆虫たちが、いきいきと過ごす様子も見てきています。

 

自然を正しく理解して、災害を正しく恐れる。

子供の成長に合わせて、わかりやすい言葉でわかりやすく伝える。

 

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、それがなかなか難しいんだということは、

私自身も日々の子育ての中で痛感しています。

 

自分で自分の命を守るために、今、できることは何か。

家族や友人、近所の人同士で、今、始められることは何か。

1人でも多くの人が命についてじっくりと考える機会になっていれば幸いです。

2018年06月12日(火)

注目のビニール傘

きょうのNスタえひめ でご紹介したビニール傘。

ここ数年、お洒落なデザインのものが増えていて、

個人的にもかなり気になっていました。

 

今年は特に英国王室御用達「フルトン」が注目!

ブログ用1.jpg

鳥かごのような独特の形がかわいらしいですよね。

おしゃれな傘が1つあると、雨も待ち遠しくなります。

 

併せてご紹介した 「ポキッと折れるんです」

ブログ用2.jpg

強い風を受けると"あえて"傘の骨が折れてしまうんです。

転倒防止にも役立つそう!

全国の郵便局を中心に販売されているというのも、意外な商品です。

今年はキッズ用も登場しています!

 

私も子どもの頃、傘の骨をよく折ってしまっていました。

その度にゴミになると思うと、もったいないですよね。

 

今回取材でお邪魔した際にキッズ用を購入したので、

息子にプレゼントする予定です。

大切に長~く使ってもらえると嬉しいです。

 

しばらくは梅雨の中休みになりそうですが、

レイングッズが充実している今、

お気に入りの1品を見つけてみるのも良いかもしれせんね!

2018年05月09日(水)

医療的ケア児の支援について

私たち女性キャスター3人でお送りしている

「Nスタえひめ」もスタートから半年余りが経ちました。

IMG_8490.jpg

これまで以上に自分が感動したり、疑問や憤りを感じたりすることに

特集という形で腰を据えてお伝えすることに、

今年度は特に情熱を注ぎたいと思っています。

 

きのう、Nスタえひめ内のコーナー「フォーカスえひめ」では

医療的ケアが必要な子供の支援の在り方についてお伝えしました。


IMG_8443.JPG

IMG_8228.JPG

*写真掲載はご家族に了解を得ております。

気管切開をしているため、たんの吸引が欠かせない息子さん

付きっ切りで介護にあたり、家にこもりきりだったというご家族。

 

育児を巡っては、認定こども園の普及など

地域からの孤立を防ごうという取り組みが進む中、

医療的ケア児をめぐる環境は、実態が把握できていないのが現実。

 

年齢に応じた学びや遊びの場を与えてあげたいという思いに

どう寄り添っていくべきなのか、

支援施設の皆さんも葛藤しながら向き合っています。

 

そんな施設が運営の危機にあること

制度の狭間で身動きが取れない子供たちとその家族がいること

  

実情を少しでもお伝えすることで、支援の輪が広がることにつながればと願っています。

2018年03月28日(水)

郷亜里砂さん

きのうのNスタえひめでは、

平昌オリンピックスピードスケート女子500メートルで8位に入賞された

郷亜里砂さんにインタビューをさせて頂きました。

IMG_8069.JPG

30歳にして初めて臨んだ大舞台。

得意の500メートルでは、韓国・イ・サンファ選手と同組。

手に汗握りながらレースを観戦したという人も多いと思います。

 

「目標にしていたメダルは手に届かなかったんですけど、

たくさんの方に応援して頂けだので、

少しでもこの舞台で滑っているところを見てもらえてよかった」

 

レース後のインタビューではたくさん涙が溢れていらっしゃいましたが、

これまでの競技生活を支えてくれた皆さんへの感謝の思いがすごく詰まった言葉だと感じました。

 

私も同じ30代。

年齢を重ねれば重ねるほど、夢や目標を人前で堂々と語ることを躊躇したり、

情熱を傾け続けることに迷ったりしがちです。

 

きのうの番組でも少し触れましたが、郷さんの姿に勇気をもらった人は少なくないはずです。

 

私自身は、郷さんの言葉を通して、

大人になっても、いや大人こそ、夢や目標に向かって歩み続けないといけない。

その背中が、きっと子供たちへのメッセージに繋がるんだと、身の引き締まる思いでした。

 

今後は子供たちにスケートを教えたいと語っていた郷さん。

純粋にスケートを楽しむ子供たちの存在に、とても癒されているそうです。

 

ますますのご活躍を、心からお祈りしています!

2018年03月05日(月)

迫る巨大地震~その時に備える~

東日本大震災からまもなく7年が経とうとしています。

きょう3月5日(月)のNスタえひめでは、

迫る巨大地震~その時に備える~と題したシリーズの第5弾として

地域で防災教育などに取り組む人たちの姿をお伝えします。

  Still0227_00000.jpg

 

また、このシリーズをまとめた特別番組も放映します。

3月11日(日) 午後4時~ 

 

IMG_7991.JPG

 

最新の知見や過去の災害から得た教訓を、私たちはどういかすべきなのか。

日頃の備えが大切だとわかってはいるものの、大規模災害から時が経てば経つほど、

家族や友人らとじっくりと防災について考える機会は少なくなっていく人が大半だと思います。

ぜひ、この番組をきっかけの1つにして頂ければ幸いです。

 

IMG_7994.JPG

この特別番組の取材の途中、梅が綺麗に咲いている場所がありました。

花が美しい

風が心地良い

きょうのランチは美味しかった

子供の寝顔が可愛い

こうした小さな喜びを積み重ねられるのは、平穏な日々があってこそだと感じました。

 

私たち一人ひとりが"出来ること"を考えてみませんか。